我が家の美味しいレシピ

用途別に選ぶ

川俣シャモ日記

(^_-)-☆ 弊社のホームページへようこそ!!
こちらでは、「味なおもてなし、福島の地鶏・川俣シャモ」の燻製品や、簡単・便利なレトルトパウチの加工品、シャモの生肉のご紹介をさせていただいております。もちろん商品のご購入も出来ますので、気になるアイテムを見つけたらチェックしてくださいね!!

 

リンク


 



 
トップページ»  川俣シャモについて»  川俣シャモとは?

川俣シャモとは?


田舎ならではの最高の食材で心と身体を養って頂きたい」といった、おもてなしの心から
川俣シャモは生まれました。その魅力は、脂っぽくないのに深みのあるコク、固すぎず柔らかすぎない適度な弾力の肉質になります。噛めば噛むほど、肉の中に閉じ込められた、
鶏本来の旨味がジュワ~とお口の中に広がります。呑み込むのがもったいない、お口の中で
じっくり味わっていただける地鶏です。
おもてなしの心はプロの料理人にも共通する大事な心構えであると思います。その心と技を存分に活かして頂けるよう、お目にかなうよう、福島県川俣町(かわまた)で毎日大切に育てています。
 

 
焼く、煮る、蒸す、炒める、揚げる。
どのような調理法でも美味しくいただけます。おもてなしの心が川俣シャモ本来の味を引き出す秘訣です。
繊細で弾力のある肉質ですので、「おもてなしの料理」は時間をあけずにお召上がり下さい。
すこしでも早く召し上がっていただく事が、川俣シャモ独特のおいしさを堪能できる秘訣です。
どうぞ、料理人の心意気も感じながら幸せな時をお過ごし下さい。
 
【一元管理】福島県の川俣町で私達が育てる地鶏だけが、川俣シャモです。
【豊かな自然】川俣シャモの故郷・阿武隈山地は、おいしさを育む為に良好な環境です。
【ゆとりの鶏舎】平飼いでのびのび育てています。
【健康的な飼料】バランスの良い配合の川俣シャモ専用飼料です。

川俣シャモの交配様式と飼育方法

交配様式



飼育方法


【飼育方法】 平飼い開放鶏舎による飼育(雄雌混合)
【飼育羽数】 20~25羽/坪
【飼料について】 孵化後、28日齢まではブロイラー用の幼雛用飼料(抗生物質含有)
28日から10日間は慣らしの為、同じ幼雛用飼料
以降出荷日まで川俣シャモ仕上げ用飼料(抗生物質含まない)
その他、野菜、青草など給餌
【飼料会社 】 清水港飼料(株)<宮城県気仙沼市>
【飼育期間】 110~114日齢で出荷
【防疫について】 法定伝染病予防の為


初生 MD(マレック)
POX(鶏痘)
皮下
穿刺
4日目 コクシジューム 混餌
(9日齢でデビーク)
12日目 ND(ニューカッスル病) 飲水
19日目 IBD(ガンボロ病) 飲水
26日目 ND(ニューカッスル病) 飲水
(28日齢で移動)
60日目 ND(ニューカッスル病) 飲水
(110~114日齢で出荷)

川俣シャモの動画紹介


動画提供元:株式会社第一印刷様

 

現在、川俣町の一部が計画的避難区域に指定されておりますが、川俣シャモの飼育場や加工する本社工場は全てその圏外にあり、平常通り営業をしております。
お客様に安心してお取り引き頂くために川俣シャモ製品に関しては県とともに弊社でも必要に応じて随時モニタリングを行って安全を確認しています。
川俣シャモはみなさんに美味しいと言って頂くことをめざしています。今後も飼料や飼育方法にも工夫し、美味しく安心してお召し上がり頂ける商品作りを目指して参ります。