我が家の美味しいレシピ

用途別に選ぶ

川俣シャモ日記

(^_-)-☆ 弊社のホームページへようこそ!!
こちらでは、「味なおもてなし、福島の地鶏・川俣シャモ」の燻製品や、簡単・便利なレトルトパウチの加工品、シャモの生肉のご紹介をさせていただいております。もちろん商品のご購入も出来ますので、気になるアイテムを見つけたらチェックしてくださいね!!




 

概要

会社概要


ショップ名 川俣シャモ専門店 地鳥屋本舗
会社名 株式会社 川俣町農業振興公社
代表 笠間 英夫
所在地 960-1402 福島県 伊達郡川俣町 小綱木字泡吹地 8
電話番号 024-566-5860
FAX番号 024-566-5083
メールアドレス info@kawamata-shamo.com
ホームページ http://www.kawamata-shamo.com/
設立 昭和62年7月
資本金 1,500万円
事業内容 ■川俣シャモを始めとする町特産品の加工、販売及び新製品の開発
■「銘品館シルクピア」の運営
■町ふるさと産品の取り扱い


設立趣旨


 
(1)  当社は川俣町、農協他関係団体、業界及び生産者でもって組織するものであり、農畜産物の加工、製造により付加価値の高い商品をつくりだし、製造、販売の事業を開始することにより産業の振興、とりわけ農業の再生を図るために設立した第3セクターの企業である。
(2)  農業を取り巻く情勢は、農畜産物の国際化、自由化による生産者価格の低下、過剰生産による生産調整が進行し、農家経営を圧迫しています。一方、農家の経営基盤も後継者の不足、経営農地面 積、土地の分散所有など不利な条件となっています。
(3)  川俣町における農家の状況は、基幹作物である米、葉たばこ、養蚕は生産調整価格低落により所得の減少は勿論経営意欲そのものを喪失させかねないものとなっております。
(4)  一方、消費者の農畜産物に対する消費動向は飽食、摂取カロリーの過剰、季節感のない生産供給システム、疑似商品の普及などにより、消費動向の一般 化、均一化から選択的、個性的傾向に変化してきている。
この具体的な動きとして、本物志向(量より質=価格より質)安全性(無添加食品、無農薬栽培)自然性(有機栽培、放し飼い、手作り)があげられる。
(5)  このような農業を取り巻く情勢に対し、農業の再生を図り、地域の活性化と振興を図るため、製造、販売事業を展開します。


製造、販売事業の基本方針


(1)

製造原料
 
原料は主として川俣町産のものを使用します。
製造方法は制定された基準を遵守し、品質の均一化に最大の注意を払います。
常に品質の向上と新商品の開発を追求します。
(2) 販売事業
 
生産者の真心を消費者に伝え、以て農業の振興を図ります。
自然、安全、手作りをセールスポイントとします。


アクセス